トゥクタムィシェワがGP2戦出場を計画

来季は新たなイメージでとコーチ

 フィギュアスケート女子シングルのエリザヴェータ・トゥクタムィシェワが、2015/16グランプリシリーズの第2戦と第4戦に出場することを計画している。

 アレクセイ・ミシン・コーチはこう話した。「トゥクタムィシェワは来シーズン、『スケート・カナダ』と『エリック・ボンパール杯』に出場すると考えている。これらの国では、従来からうまく滑れている。アジア地域は世界のフィギュアスケートの中心地であるが、出場メンバーの構成には一定の規則があるため、今年はシリーズで滑らない可能性が高い」

 ミシン・コーチによると、グランプリシリーズ開始前に、トゥクタムィシェワには複数のスタートがあるという。「トーナメントに参加し、シーズンを始める。できるだけ多くの競技に出場するようにしなければならない。昨シーズンほどではないにしても、それなりの回数をこなさなければ」

 2015/16シーズンのグランプリシリーズは10月下旬から12月上旬まで、アメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本で行われる。グランプリファイナルは12月10~13日、バルセロナ(スペイン)で開催される。トゥクタムィシェワは2014/15シーズンのグランプリシリーズの優勝者。昨シーズンは自身初めてのヨーロッパ選手権および世界選手権での優勝を決めた。上海の世界選手権では初めて、女子シングルでもっとも難しいジャンプであるトリプルアクセル(3回転半)を成功させた。