サンクトペテルブルクで国際法律学フォーラム開会

5月27~30日、サンクトペテルブルクで、第5回国際法律学フォーラムが開会した。主催は、ロシア大統領府とロシア法務省。

 初日の27日は、総会が行われ、テーマは「変革期における法の使命」。メドベージェフ首相も参加した。50以上の分科会や円卓会議が予定されている。今年は世界80ヶ国以上から約3000人が参加。議題のなかには、「法律面から見た制裁」、「文化遺産への投資」、「地下資源利用の分野におけるロシアの法制の発達」などがある。フォーラムは、国立エルミタージュ美術館の旧参謀本部東棟で開催される。