自民党の高村副総裁「プーチン大統領の訪問を待っている 」

日本の与党自民党の高村副総裁(元外相)は、日本訪問中のナルィシキン下院議長と東京のロシア大使館で会談し「北方領土問題を解決するため、プーチン大統領に日本に来てもらいたいと、安倍総理大臣は真剣に考えている」と述べた。

 先にプーチン大統領は「ロシアは、クリル問題について日本と対話する用意があるが、それは日本の議会によって批准された1956年の文書を基礎にしてだ」と述べている。

 なおロシア政府の立場は「南クリルは、戦争の結果、ソ連に編入されたもので、島々に対するロシアの主権は、国際法上認められたもので、疑いの余地はない」というものだ。

*Sputnik日本より転載