モスクワの地下鉄5~6年で1.5倍延長へ

モスクワの地下鉄の長さは5-6年で1.5倍に延長される。モスクワの都市政策と建設を担当するマラト・フスヌリン副市長が記者団に明らかにした。

 副市長は、「モスクワの地下鉄が開業してから80年の間に総延長300キロ、185駅が建設されたとしたら、我々の課題は5-6年で地下鉄を1・5倍延長することだ」と述べた。

 副市長によると、現在、線路65キロ、30駅が建設段階にあるという。

 地下鉄の建設プログラムは2020年まで作成されている。

 副市長は、「我々は今年の末までに作業の全範囲の設計を完了させる。これは地下鉄約180キロの延長分となる」と語った。

*Sputnik日本より転載