ラブロフ外相、「ロシアは戦勝70周年参列者を歓迎する」

ロシアのラブロフ外相はモスクワで行なわれる大祖国戦争戦勝70周年記念行事に参加し、ロシアと共にこれを祝う全員を歓迎するとする声明を表した。同時にロシア大統領府は5月9日にモスクワに来ることのできない人々に対しても、理解を持って接していると語っている。

 外相は「これは何よりもまず、我々の祝日だ。これは我々の民族の偉大な祝日である大祖国戦争の勝利70年の記念である。招待状は我々の友人らに定期的に送られているが、これは徴兵令ではない。参加できない人がいても、我々はこれに理解をもって接する」と語っている。

 

*「Sputnik日本」より転載