プーチン大統領:クリルの住民は日本との統合に賛成票を投じないだろう

ロシアのプーチン大統領は、国民との直接対話「ホットライン」終了後に、記者団の質問にこたえ、「クリミア後」の日本との関係におけるクリルに対するロシアのアプローチは変わっていないと伝えた。

 プーチン大統領は、ロシアは日本とクリルについて話し合う用意があるが、それは1956年に日本の国会によって批准された文書を基盤にした場合に限られると指摘した。

 プーチン大統領は、クリルとクリミアを比較してはならないと指摘し、「そこの人々(クリルに住む人々)は、日本との統合について住民投票をしていない」と述べた。

 プーチン大統領は、「クリミアは、単に人々が住んでいた土地ではなく、人々はロシアとの統合に賛成票を投じた。彼らの選択を尊重しなければならない。貴方が言及した島(クリル諸島)だが、そこに住んでいる人々は、恐らく日本との統合に賛成票を投じることはないだろう。これは第二次世界大戦の結果に関連した別のテーマだ」と述べた。

*Sputnik日本より転載