ロシア、日本の原発の廃棄物浄化に関する有効技術を提案

ロシアは日本が近いうち、現在検討中の3つのプロジェクトの中から、福島第一原発の液状放射線廃棄物の浄化のためのロシアの技術を選択することを期待している。月曜、東京で開かれた記者会見で、ロスアトムのキリル・コマロフ副社長が述べた。

 現在ロシアではリチウム液状放射線廃棄物の浄化のための、すでに実績を有する装置に関する作業が進められている。日本の経済産業省はプロジェクトのプレゼンテーションを参考に、福島第一原発敷地内の産業汚染水浄化の方法を選択する。

  ロシアの原子力学者たちは2014年、日本に対し汚染水浄化の提案を行った。国際コンクールの結果、この提案は、29のプロジェクトの中から、北米Kurion Inc社のもの、GE-Hitachi Canada Incのものと並んで選抜された。

 

*「Sputnik日本」より転載