ロシアとベトナム ガス・石油分野の投資プロジェクトに関する協定に調印

ロシアのメドヴェージェフ首相のベトナム訪問の過程で、BinhSon Refining and Petrochemicals社の授権資本の49%を獲得するための基本条件に署名がなされた。また2015年の優先投資プロジェクトに関する作業グループの行動計画にも署名がなされた。

 ロシアとベトナムは、メドヴェージェフ首相のベトナム訪問の過程で、石油・ガス部門の複数の協定にも調印した。特に、BinhSon Refining and Petrochemicals社の授権資本の49%の獲得に関する基本条件に署名がなされた。

 文書に署名したのは、ロシアの石油企業「ガスプロム・ネフチ」の取締役会議長とベトナムの石油ガス公社の取締役会議長。「ガスプロム」とベトナムの石油ガス公社間の相互理解についてのメモランダムにも調印がなされた。

 そのほかロシアとベトナムは、共同投資プロジェクトや、サービス分野での合意に関する覚書などを含む、一連の共同声明にも署名した。

*Sputnik日本より転載