ネムツォフ殺害に関し日本外務省が声明

日本外務省はロシア野党ボリス・ネムツォフ党首の殺害を非難し、近親者に対し弔慰を示す声明を表した。

 「ネムツォフ元ロシア第一副首相の卑劣な殺害を強く非難するとともに,同氏の御遺族,御親族や支持者に深い哀悼の意を表明します。迅速かつ公正な捜査により,事件をめぐる真相が一刻も早く究明されることを求めます。」川村外務省報道官が述べた。   ネムツォフ氏はロシア政府内で一連の高いポストについたあと、野党へ下った。2月28日にかけての深夜、モスクワの中心で殺害されている。捜査では殺人も含め、複数の犯罪説が検討されている。

*「ロシアの声」より転載