クレムリン「日本から招待状が届けば、プーチン大統領訪日の可能性 が検討されるだろう」

ロシアのドミトリイ・ペスコフ大統領報道官は、ロシア通信の取材に対し「クレムリンは、もし招待の確認が届けば、プーチン大統領訪日の可能性が検討されるだろう」と述べた。

 報道官は「招待が確認された場合、ロシア側はそれを検討する」と言明した。

  先に安倍首相は「今年中の、それにふさわしい時期に、ロシア大統領が日本を訪問するよう期待している。両国間の平和条約締結に向けた対話の継続を望む」との立場を明らかにしている。

 プーチン大統領の日本訪問は、昨秋に予定されていたが、ウクライナ危機に関連した国際情勢の悪化を受けて実現に至らなかった。

 またロシア大統領の訪日準備の重要な段階の一つである岸田外相のモスクワ訪問も、昨年春に予定されていたものの期限がはっきりしないまま延期となっている。

 

*「ロシアの声」より転載