ロシア、デバリツェヴォ周辺の一時休戦宣言を支持

ロシアはウクライナのデバリツェヴォ周辺における一時的休戦の宣言を支持するものの、最も重要なのはすべてにおいて停戦を実行すること。ロシア外務省のルカシェヴィチ報道官が5日、ブリーフィングで明らかにした。

 声明では「もちろん、われわれはこれを支持し、一般市民に戦闘行為ゾーンから出る可能性を与えるような発案を掲げた。欧州安全保障協力機構の現在の議長が提案し、国連事務総長の支持を得たことがこうした発案の根底にある。より重要かつ急を要する課題は、あらゆる戦闘行為の停止であり、紛争解決の方法についての和平対話の復活だ。こうした一度きりの措置は紛争ゾーンの緊張緩和を促すことがあるが、軍事衝突や一般市民非業の死を阻止する、より断固とした措置が求められる」と語られている。

 

*「ロシアの声」より転載