日本海海戦で戦死したロシア水兵を追悼し教会を日本で建立へ

日本海海戦で戦死したロシア水兵が葬られている日本の墓地の敷地内に、木造の正教教会が建立される。インテルファクス通信が、ロシースカヤ・ガゼータ・ウィークリー(シベリア版)の報道として伝えた。

アルタイ地方の設計事務所が担当

 教会建立は、アルタイ地方のピョートル・アニシフォロフ建設事務所の設計に基づいて行われる。敷地は既に、地元の信者たちにより買収、登記が済んでいる。信者の中には、ロシア出身者が少なくないという。

 建材には、アルタイ産のセイヨウスギを使う予定。シベリアのカラマツは、南極での教会建立に際しても使用されているが(このプロジェクトにも、同設計事務所が参加している)、日本の気候には合わないという。教会はまずバルナウル市で組み立てられ、分解された後、ウラジオストクに搬送される。

 教会の基礎部分は、日本人が建設する。地震の多発、強風、時化を考慮し、教会の高さは10m以下になる見込み。

もっと読む:極東の第二次世界大戦の跡 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg