フラッシュモブ#iLOVErussian

 オーストラリア・ブリスベンのロシア語教師が、児童を対象とした世界的な動画フラッシュモブ#iLOVErussianを始めた。

 世界的な動画フラッシュモブ#iLOVErussianは1月10日に始まった。開催期間は「国際母国デー」の2月21日まで。

 参加するには、「ロシア語が必要なのはなぜ?」の質問に答える短い動画を撮影し、交流サイト(SNS)「フェイスブック」や「インスタグラム」に投稿し、ハッシュタグ#iLOVErussian および@LinguaKidをつける。

 ロシア語が公用語ではない国の児童からの動画が条件となっている。

 フラッシュモブのまとめは2月21日、「フェイスブック」の語学スクール「リンガキッド」のページに掲載される。