軍事紛争によるロシアへのウクライナ難民数が約28万人に

ウクライナからロシア国内へと逃げ込み、難民申請ないし一時難民申請を行なった人の数はウクライナで軍事紛争が開始されて以来、27万6千人に達した。ロシア移民局が21日明らかにした。

  現在、ロシア連邦内にはウクライナ南部東部から難を逃れ、隣国へと入ったウクライナ人が80万人以上滞在している。今年初頭からロシア移民局情報分析システムが記録するウクライナ南部東部からの入国者数は一日平均1200人となっている。

 こうしたなかでウクライナ人でロシア国内の一時滞在許可が受理された例は約15万人。

 

*「ロシアの声」より転載