欧州拷問等防止条約、ロシアが主張するウクライナ人権蹂躙の事実を認める

欧州拷問等防止条約発表のレポートでは、ウクライナにおいて人権が蹂躙され、キエフ当局側からの効果的な捜査が欠けているというロシアの帰結が確認された。ロシア外務省人権問題全権代表のコンスタンチン・ドルゴフ氏が明らかにした。

 レポートをコメントしたドルゴフ全権代表は、一瞥した分析だけでも反テロ作戦の枠組での拘束者らがウクライナ安全保障庁側の行使する武力が度を越している事実を証言していることがわかると語っている。

   ドルゴフ氏は、欧州拷問等防止条約のレポートにおいて原則的な場面について、ウクライナ安全保障庁側の禁止メソッドの行使による被災者、被害者の証言が明らかにされたことと指摘し、ロシアとしてはキエフ当局から、こうした人権蹂躙の調査結果に対し、真摯なアプローチを期待すると強調している。

 

*「ロシアの声」より転載