ロシア、中国への高射砲ミサイルS-400売買契約を締結

ロシアは中国との間に最新の長距離高射砲ミサイルS-400「トリウムフ」の供給計画を結んだ。この売買契約交渉は数年間にわたって行われていた。ロシアの「ヴェドモスチ」紙が26日、国防産業複合体およびロシア国防省からの情報を引用して伝えた。

 情報筋によれば、2014年初秋、「ロスオボロネクスポルト(露国防輸出)」社と中国国防省間で少なくとも6基のS-400の供給契約(総額30億ドル強)が調印されている。これについて「露国防輸出」社はコメントを控えている。

 戦略的局面センターのイヴァン・コノヴァロフ所長はこれについて、S-400はおそらく中国南部に配備され、台湾およびこれに隣接する係争諸島の上空のコントロールに使われるとの見方を示している。

 ロシア国防省広報部によれば、ロシア軍はすでに16基のS-400を配備しており、2014年末までにはさらに3基増えて、計19基になる計画。

 

*「ロシアの声」より転載