「宇問題は欧米の政策の結果」

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相はウクライナ情勢について、他国の安全を犠牲にして自分たちの安全を強化する西側の政策の結果だと指摘した。

 「ウクライナ情勢は西側諸国がここ四半世紀行っている政策の結果。他国の安全を犠牲にし、管理下に置ける地政学的領域を拡大しながら、自分たちの安全を強化する政策である」

 ラブロフ外相はまた、ウクライナ政府がウクライナ南東部での戦闘活動開始に向けた”地固めをしている”と述べた。その理由として、ウクライナ南東部への送金停止に関するペトロ・ポロシェンコ大統領令をあげた。

 「この大統領令の裏には、この地域の経済的、社会的な抹殺の試みだけでなく、戦闘活動、力によるこの問題の解決の試みに向けた地固めがあると考えられる」とラブロフ外相。