ゴルバチョフ「西側はもうクリミア併合に妥協した」

ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領は、ヴズグリャド紙(vz.ru.)に対し、ウクライナ危機をめぐりロシアと西側諸国が妥協することは可能との考えを示した。ヴズグリャド紙が伝えた。

 「ウクライナ危機をめぐり妥協することは可能」「もし妥協がなされなければ、ロシアも西側諸国も敗北することになるだろう」。ゴルバチョフ氏は、コムソモリスカヤ・プラウダ紙へのインタビューでこのように述べた。また、西側はロシアのクリミア併合に妥協するかとの質問に対しては、「私の考えでは、もう妥協している」と答え、さらに「ロシアからクリミアをもぎ取ることはできない。それはロシアの『子供』なのだから」と付け加えた。

 

記事全文(露語)

もっと読む: ゴルバチョフ・インタビューその2 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg