ラブロフ外相:ロシアは西側に制裁解除を懇願しはしない

ロシアは西側諸国に対ロ制裁の解除を懇願しはしない。ロシアのラブロフ外相がミンスクでロシア・ベラルーシ外相会談の後、共同記者会見で述べた。

 外相によれば、ロシアはEUとの対立を望んではおらず、制裁は全く非生産的であり、欧州自身にとって、その目的にかなう手段ではない。

 一方ベラルーシのウラジーミル・マケイ外相は、同じ会見で、制裁には未来はなく、なんらの良い結果も生むものではない。同外相によれば、制裁を行えば、悪果はその当人に跳ね返ってくる。

 

*「ロシアの声」より転載