日本とサハリン州の貿易取引高 5年間で約倍に

日本とサハリンの貿易取引高が、5年間で1.8倍の37億ルーブルに達した。

 サハリン州政府は10日、「最近5年間で、サハリン州と日本との貿易取引高が1.8倍となった。2014年上半期のサハリン州と日本の貿易取引高は37億ルーブルで、2013年同時期比で0.2パーセント増となった」と発表した。

 建設や水産加工、保健、教育、文化、スポーツ、観光分野におけるサハリン州と北海道の協力が活発に発展している。

 

*「ロシアの声」より転載