ロシアがEUからの食肉輸入を制限

ロシア連邦消費者権利保護・福祉監督局が、欧州連合(EU)からの食肉輸入を制限した。具体的には、ベルギー、デンマーク、スロバキア、フランス、イタリア、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、ポーランド、ドイツからの牛肉のソーセージ、焼肉、グリャーシ(煮物)の輸入が対象となる。ロシア通信が同監督局のホームページから伝えた。

 ドイツでの炭疽菌に汚染された牛肉の発見を受けて同監督局がこのような決定に踏み切ったのは、ドイツ連邦消費者保護・食品安全庁がドイツ全域の複数のスーパーマーケット、食肉店、小売店で、炭疽菌に汚染された牛肉のソーセージ、焼肉、グリャーシ(煮物)を発見したことを受けての措置だ。


記事全文(露語)