「ロシアからのガス管建設提案ない」

ロシア政府がサハリンから北海道の稚内市までガスパイプラインを敷設することを日本に提案している可能性についての記事が、15日に「日本経済新聞」に掲載されていたものの、日本の関係機関はタス通信の取材に対し、提案はなかったと述べた。

 日本経済産業省・資源エネルギー庁石油・天然ガス課は、タス通信の取材に対し、こう述べた。「そのような提案はなかった。情報は正しくない」

 ただし、ロシアからガスパイプラインを引く案自体は否定しなかった。「この案を退けることはない。調査の余地がある」

*元記事全文

もっと読む: サハリン-稚内ガス管を提案か >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg