安倍首相 ASEMでプーチン大統領との会談調整

日本の安倍首相は15日、ASEM=アジア・ヨーロッパ首脳会議に出席するため、イタリアのミラノへ出発した。安倍首相は、会議に合わせて、ロシアのプーチン大統領と会談する方向で調整しており、「ロシアのプーチン大統領と話をする機会をつくりたい」と述べた。NHKが伝えた。

 安倍首相は今回の会談が、プーチン大統領との信頼関係を強化することに期待しているという。安倍首相はプーチン大統領と、ウクライナ情勢や日ロ関係の発展についても意見交換する意向。

   またNHKによると、安倍首相は中国と韓国について、「こうした国際会議の場を通じて話す機会があればいい」と語った。

   ASEMは、16、17両日に開催される。

   これより先、ロシアのウシャコフ大統領補佐官は、プーチン大統領と安倍首相の本格的な会談は、11月に中国の北京で開かれるAPECサミットで行われると発表した。

 

*「ロシアの声」より転載

もっと読む: 大統領補佐官:露日首脳、11月のAPECで会談 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg