ロシアと中国 40もの重要文書に調印

ロシアのメドべージェフ首相は、中国のリー・クーチアン(李克強)との会談の冒頭で「戦略的パートナーとしての露中関係は。最も高い段階にあり、この6年間で貿易取引高は400億ドルから900億ドルにまで増加した」と指摘した。

 メドべージェフ首相によれば「12日、露中両国の首相は、会談を総括する形で、40を超える大変重要な二国間文書に調印する」。

   一方リー首相は、モスクワでの中露首相会談が、両国の貿易経済関係発展に向けた新たな刺激になるに違いないとの確信を明らかにし、今回のロシア訪問中、自分はサンクトペテルブルグも訪問するつもりだと伝えた。

 

*「ロシアの声」より転載