「ウクライナは冬ガス備蓄無理」

ウクライナは、今から冬期に必要なガスを貯蔵しようとしても間に合わない。

 越冬と欧州向け通過ガス確保のため、ウクライナは180~200億立法メートルのガスを地下貯蔵庫に取り込まなくてはならないが、もはや間に合わない。ロシアの国営ガス会社「ガスプロム」のアレクセイ・ミレル社長は、このように述べた。

 「ウクライナの地下ガス貯蔵庫への送気については、使用開始時期までに残された時間を考えれば、ウクライナが少なくとも180億立法メートル、良くて200億立法メートルのガスを貯蔵しようとしても、もはや間に合わない」

 

元記事(露語)