ロシア下院、週4日労働制への移行を検討へ

ロシア議会下院、労働委員会のアンドレイ・イサーエフ委員長は労働日を週4日とする国際労働機関(ILO)の提案を検討することを約束した。7日、コメルサント紙が伝えた。

 イサーエフ委員長によると、委員会は今週、この件について円卓会議を開く決定をとる。イサーエフ委員長は現在の給与額を維持した状態で週36時間労働制が可能かどうかについて、議論を提案している。

 ILOは労働日の削減によって労働者の健康状態および環境が改善されるとの見方を示し、「会社に長時間いる人ほど、過激な行為に走りやすい傾向がある」として、多くの病気はストレスと過労が原因であり、労働時間が短いほど労働効率がアップする点を指摘している。

 

*「ロシアの声」より転載