ロシアが北極の気象観測のシステムを設置する計画

ロシアは、北極の気象観測のシステムを設置する計画だと、ロスコスモス(ロシア連邦宇宙局)の公式サイトに発表された。タス通信が伝えた。

2基の人工衛星を打ち上げ 

 「ロシアは大規模なプロジェクトを始動させる計画だ。これは、人工衛星『アルクチカ(北極)M』により北極の気象観測システムを設置するもので、2基の人工衛星が遠い楕円軌道に乗せられ、北極を観測する」。ロスコスモスはこのように説明した。

 アルクチカ(北極)M は、ロシア水文気象環境監視局に天気予報のデータを与えるほか、非常事態の発見、監視、環境のモニタリングなども行う。また、このシステムにより、航空機の飛行条件、電離層、地磁気の観測、変動の予想を行うことも可能になるという。


記事全文(露語)