プーチン「ルーブル決済増やす」

ロシアはエネルギー資源の輸出、また他の対外決済の際、ルーブルを積極的に使うことを計画している。ウラジーミル・プーチン大統領が、投資銀行「VTBキャピタル」主催の第6回投資フォーラム「ロシアは呼んでいる」で、これを明らかにした。

 国営ガス会社「ガスプロム」の石油子会社「ガスプロムネフチ」は最近、「中国への初のルーブル決済による試験的原油輸出を行った」という。「今後は中国や他の国との対外決済の際にも、自国の通貨を積極的に採用する考えである」とプーチン大統領は述べた。

 ロシアは中国、中南米諸国、BRICS諸国、アジア太平洋諸国との協力関係深化を優先的に考えているという。

 

元記事(露語)