露日が武道と格闘技の演武大会を開催

10月1日、ロシアのヴィタリー・ムトコ・スポーツ相と原田親仁ロシア連邦駐箚特命全権大使が会談を行い、露日武道交流年の一環として、両国での武道の演武大会開催について話し合った。

 具体的には、ロシアは、伝統の国技(サンボ、マス・レスリング、コレッシュ、ハプサガイなど)を10月4~6日に東京で紹介し、一方日本は、モスクワで10月5~10日に、12種の武道(柔道、相撲、合気道など)を紹介する。

 演武のほか、日本の代表団は、ロシア国立体育スポーツ観光大学および学校「サンボ70」で、日本の武道に関するセミナーやマスター・クラスも行う。

  昨年4月、プーチン大統領と安倍首相がモスクワで首脳会談を行った際に、2014年を「露日武道交流年」とすることが定められた。また、今年のソチ冬季五輪の開催時には、ヴィタリー・ムトコ・スポーツ相と下村博文・文部科学相が、スポーツ、スポーツ科学、スポーツ医学、ドーピング対策の各分野での協力に関する覚書に調印している。

 なお、今日10月1日のムトコ・スポーツ相と原田大使との会談では、大規模な競技会や合宿の組織、運営での経験の交換に、双方が関心を抱いていることが確認された。

 

記事全文(露語)

もっと読む: 柔道の山下に友好勲章 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg