ミンスクでウクライナ調整コンタクト・グループが会合開始

ウクライナ危機調整のコンタクト・グループの会合がベラルーシの首都ミンスクで開始された。会議にはクチマ元ウクライナ大統領、ザハレンコ・ドネツク人民共和国首相、ルガンスク人民共和国の指導者プロトニツキー氏、ズラボフ駐キエフ・ロシア大使のほか欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ情勢正常化問題担当のタリヤヴィニ公式代表が主席している。

 会合ではウクライナ南・東部の正常化の詳細について、3日プーチン大統領の提出した7項目の和解プランを土台に合意が図られる。会合開始の前にズラボフ大使とクチマ元大統領は、集まりの総括文書に署名が行なわれるこよう期待を表した。

 

*「ロシアの声」より転載