プーチン大統領、「ウクライナ危機解決は南・東部との平和対話で」

プーチン大統領は、ウクライナ危機は南・東部数州の代表者らの関心を考慮せず、武力的手段を行使するやり方では解決できないとする声明を表した。

   プーチン大統領はミンスクでの関税同盟諸国首脳とウクライナ大統領プラス欧州委員会代表らとの協議で、「我々はウクライナに生じている非常に危機的な状況について意見交換を行う構えであり、状況は武力的シナリオを今後エスカレートさせる方法では解決できないと確信している」と語った。

  プーチン大統領は、ウクライナの危機解決のために南・東部の代表者らとの平和的対話を開始する必要を強調している。

 

*「ロシアの声」より転載