モスクワでマクドナルド4店舗が営業停止

ロシア連邦動植物衛生監督庁の指示で、モスクワのマクドナルドの4店舗が営業を停止した。そのなかには、“最老舗”のプーシキンスカヤ広場の一号店も含まれている。ロシアの複数のメディアが伝えた。

 ロシア連邦動植物衛生監督庁は、これらの店舗で衛生基準および技術面での違反を摘発したという。このファーストフードに対しては、かなり以前からクレームがつけられていたが、これまでは摘発を免れていた。同庁は、ロシアの他の地域におけるマクドナルドについても抜き打ち検査を行っている。

 

*以下の記事を参照。

・ニュース・ランブレル

・国営テレビ「第1チャンネル」

もっと読む: 食べ物の包装には怖い警告を >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg