日本が南クリル軍事演習に抗議

南クリルで12日に開始されたロシアの軍事演習を、日本は受け入れられないと考えている。

 「ロシア軍の軍事演習は、わが国として到底受け入れることはできない。ロシアに対し、厳重に抗議することにしている」と安倍晋三首相は述べた。 

 日本外務省は現在、演習に関する情報を集めているという。また、日本「固有の領土」で演習が「一方的に」行われているとの声明を発表した。 

 在京ロシア大使館は今のところ、日本側からの抗議を受けたとは伝えていない。

 国後、択捉両島での軍事演習には、軍人1000人強、攻撃ヘリコプター「Mi-8AMTSh5機、軍用車両100台近くが投入されている。

 

*元記事(露語)