ロシアと蜂起勢力がビデオ会議で停戦について話し合う見通し

ロシアのラブロフ外相は、近くウクライナ南東部の蜂起勢力との間で、ビデオ会議が行われるだろうと述べた。これに先立って全欧安保協力機構(osce)は、やはり蜂起勢力とビデオ会議を行い、マレーシア航空のボーイング777型旅客機の墜落事故現場を保存し、調査団が安全にアクセスできるよう呼びかけていた。

 ラブロフ外相は、近々に新たなビデオ会議が放棄勢力との間で開かれ、停戦について話し合うことになろうと述べた。これに先立って全欧安保協力機構(osce)は、やはり蜂起勢力とビデオ会議を行い、マレーシア航空のボーイング777型旅客機の墜落事故現場を保存し、調査団が安全にアクセスできるよう呼びかけていた。

 「近々に新たなビデオ会議が放棄勢力との間で開かれ、停戦について話し合うことになると期待できる根拠がある。かなり広い面積で調査を行わねばならないことを考えれば、今や停戦の必要性は著しく増している。犠牲者の遺体は、極めて広範囲に散乱している」。ラブロフ外相は、国営テレビ「ロシア24」のインタビューに対し、このように述べた。

 また同外相は、この悲劇が「政治的野心など忘れさせてくれる」ことを期待すると述べた。

 

元記事(露語)

もっと読む: マレーシア機墜落で一連の航空会社が飛行ルート変更へ >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg