プーチン大統領:マレーシア機墜落の責任はウクライナにある

ロシアのプーチン大統領は、17日に発生したマレーシア機墜落の責任はウクライナにあるとの考えを表した。

 プーチン大統領は経済問題に関する会合で、「この恐ろしい悲劇の責任は、それが起こった国にある」と述べた。プーチン大統領は会合を始める前に悲劇の犠牲者へ黙祷を捧げるよう提案した。

  プーチン大統領は、「もしその国が平和であったならば、もしウクライナ南部・東部で戦争行為が再開されなければ、この悲劇は起こらなかっただろう」と述べた。

  プーチン大統領は、「私たちは起こったことの客観的な状況が、我々の世論、ウクライナの世論、そして全世界の世論に知るところとなるように、自分たちにできることを全て行わなければならない」と強調した。

 

*「ロシアの声」より転載 

もっと読む: ウクライナでマレー航空機墜落 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg