プーチンがルルデス基地再開否定

ウラジーミル・プーチン大統領がキューバ訪問した際、アメリカを監視するためのルルデス電子情報基地を再開する問題について話し合いを行った、という情報が流れたが、本人はこれを否定した。

 プーチン大統領は、「ロシアはルルデスの設備なしで、防衛分野の課題を解決できる」と述べ、再開計画はロシアにないことを伝えた。

 また、キューバとの協力関係に触れながら、興味深い場所と説明。「両国の関係は大変良好で、確固たる歴史的基盤がある。キューバは社会、教育、医療の分野で優れた成果を出した。両国には共同プロジェクト、計画があるということ」とプーチン大統領。

もっと読む: ロシアとキューバ ルルデス基地のロシアへの返還について合意 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg