EU9か国 対ロシア経済制裁に反対

EU加盟9カ国は、ロシアに対し経済制裁を導入しようとの試みを、16日のEU首脳会議で「ブロックする」用意がある。イタル-タス通信が、西欧のある国のEU常任代表筋の情報を引用して伝えた。

  対ロシア経済封鎖導入に反対しているのは、イタリア、フランス、ドイツ、ルクセンブルグ、オーストリア、ブルガリア、ギリシャ、キプロス、スロヴェニアの9か国。

 先に伝えられたところでは、ロシアに対する新たな分野別制裁導入に関する決定が、15-16両日に開かれるEUサミットで採択される可能性があるとの事だった。

 

*「ロシアの声」より転載