BRICSエネルギー連合創設提案へ

ブラジルで15~16日に行われる新興5ヶ国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)首脳会議で、ロシアは予備燃料銀行およびエネルギー政策研究所を含む、BRICSエネルギー連合の創設を提案する。ユーリー・ウシャコフ大統領補佐官がこれを明らかにした。

 「ロシアは一連の具体的な議題を提案する予定。すなわちBRICS諸国のエネルギー安全を保障するための、エネルギー連合の創設である」

 ロシアはまた、世界の炭化水素市場の複合的研究およびトレンド分析の実施も提案する。「連合で予備燃料銀行およびエネルギー政策研究所も創設する」とウシャコフ大統領補佐官。

 この問題の詳細は今のところないという。

 

元記事(露語)