ダイドードリンコの自動販売機がモスクワに設置される

モスクワ中心部の地下横断歩道に、日本のダイドードリンコ(DyDo DRINCO)の自動販売機が設置された。

 伝えられたところによると、自動販売機は、コムサモリスカヤ駅の「3つの鉄道駅」広場の地下横断歩道に設置された。

  自動販売機で売られている飲料の平均価格は80ルーブル(日本円でおよそ240円)。日本製の約20種類の飲み物が売られている。

 ダイドードリンコのロシアの販売子会社によると、自動販売機で売られる飲料は6か月ごとに変わる計画。暑い時期には冷たい飲み物、寒い時期にはあたたかい飲み物が増えるという。

 ダイドードリンコは今後、別の場所にも自動販売機を設置し、2014年に500台、2018年までに1万台の設置を目指す。


*「ロシアの声」より転載 

もっと読む: ロシアに「ダイドー」自販機 来年にもモスクワで500台お目見え >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg