宇宙ゴミでISSの冷却システムが故障

国際宇宙ステーション(ISS)の米国セグメントP4トラスの冷却ラジエーターが、宇宙ゴミによって故障した。NASAがサイトで発表した。

 伝えられたところによると、冷却システムからのアンモニア漏れはない。なお、ロシア飛行管理センターにあるNASA支部は、現在の状況についてコメントしていない。

   現在ISSには、ロシアのアレクサンドル・スコルツォフ、オレグ・アルテミエフ、マクシム・フラエフ、米国のスティーブン・スワンソン、リード・ワイズマン、ドイツのアレクサンダー・ゲルストの各宇宙飛行士が滞在している。

 

*「ロシアの声」より転載