5度目の五輪目指すプルシェンコ

2度の五輪金メダリストであるフィギュアスケート男子シングルのエフゲニー・プルシェンコが、韓国の平昌で開催される2018年冬季オリンピックへの出場を目指す――。タス通信がプルシェンコの言葉として伝えた。

 フィギュアスケート男子シングルのエフゲニー・プルシェンコが、韓国の平昌で開催される2018年冬季オリンピックを目指す意向を明らかにした。これが実現すれば、プルシェンコにとっては5度目の五輪出場となり、フィギュアスケートの選手としては史上初の快挙となる。

 「折れたところはすべて回復した。もう折れる場所は残っていないよ。5度目の五輪出場にチャレンジしたい。そして出るなら、立派な滑りを見せたい」。タス通信は、プルシェンコ本人の言葉をこのように伝えた。

 昨日7月1日、アレクセイ・ミシン・コーチは、プルシェンコの来季について、次のように述べていた。「プルシェンコは集会や試験滑走など、ロシア代表の行事に参加する。パニン記念などの競技には出場するかもしれないが、グランプリ・シリーズ、ロシア選手権、ヨーロッパ選手権、世界選手権などの主要な大会には出場しない 」

 

RBCデイリー紙・記事全文

もっと読む: プルシェンコ来季は競技せず >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg