ウクライナ ロシアとの軍事産業領域での協力を停止

ウクライナのポロシェンコ大統領は、国の安全保障・国防会議で、軍産複合体領域におけるロシアとの協力を禁止した。ヤレマ第一副首相が16日、ICTVテレビの番組「言論の自由」の中で伝えた。

 一方ロシアのロゴジン副首相は、ロシア産業貿易省が、すでに今月10日、ウクライナの軍事製品に代わる製品の輸入プランを導入した事を明らかにした。

 なお先月5月31日、ロシアのボリソフ国防相は「ロシア側は、3月半ばから、ウクライナから軍事用機器及び部品などを受け取っていない」と述べている。

 

*「ロシアの声」より転載