ロ米首脳 ノルマンディーでウクライナ問題に関し短い意見交換

6日フランスでの「ノルマンディー上陸作戦70周年」記念行事に出席中のプーチン大統領は、米国のオバマ大統領とウクライナ問題について短い意見交換を行った。ペスコフ大統領報道官が伝えた。

 報道官は次のように述べた。

   「個別会談はなかったものの、両首脳は、ウクライナ情勢、そして同国東部での危機をめぐって意見を交換する可能性を得た。プーチン大統領とオバマ大統領は、一日も早く暴力及び軍事行動を止めさせる必要があるとの点で意見の一致を見た。」

 これは、現在ロシア・欧米関係において主要な問題となっているウクライナ危機が始まってから初のロ米最高指導者による意見交換で、ノルマンディーで実現するかどうか大きな注目を集めていた。

 

*「ロシアの声」より転載