世界中でロシア語デーとプーシキンの生誕日が祝われる

 ロシアの偉大な詩人で、現代ロシア文語を確立したアレクサンドル・プーシキンが生誕した6月6日は、国連により、国際ロシア語デーと定められている。ロシア語は、国連の公用語6ヶ国語に含まれている。

  プーシキンの生誕日とロシア語デーに関連したイベントは、密接につながっている。プーシキンの名が冠せられた美術館や博物館では、プーシキンをテーマにしたコンサートや展覧会が開かれ、ギリシャのパルナッソス山には、プーシキンの記念碑が建立され、多くの国で学生のためのロシア語コンテストが開かれ、ドイツではロシア語年が盛大に開幕する。

 

*「ロシアの声」より転載