米国 対ウクライナ国境からのロシア軍部隊撤退を確認

米政府は、対ウクライナ国境からロシア軍部隊が撤退しつつある事実を確認した。米国務省のハーフ副報道官が、4日のブリーフィングで伝えた。

 副報道官は「撤退は行われている。しかしゆっくりとだ。我々は、それがもっと迅速になされるよう希望する」と述べた。

  5月末、プーチン大統領は、ロシア西部国境近くで演習を実施したロシア軍部隊を自分達の駐屯地へ戻す決定を明らかにしたが、米国やNATO諸国は長い間「対ウクライナ国境地区では、ロシア軍撤退のいかなる動きも見とめられない」と主張していた。

 

*「ロシアの声」より転載