リプニツカヤに住居の贈り物

 ロシアの住宅開発会社「セザル・グループ」が、フィギュアスケート女子シングルのユリヤ・リプニツカヤ選手に、新モスクワに建設中の居住区画「ラスカゾフカ」のマンションの一室をプレゼントした。4日に行われた同区画のプレゼンテーションで、証書を授与した。

 同社のガサン・アルフラエフ業務最高責任者によると、購入希望者の中にリプニツカヤの母のダニエラ・リプニツカヤがいたのだという。「五輪金メダリストのユリヤ・リプニツカヤのお母さんに間違いないということがわかった時、このマンションをプレゼントすることに決めた」

 同社広報部の説明によると、これは9階建ての最上階にある面積70平方メートルの2DKのマンションで、2017年第3四半期から入居が始まるという。

 

元記事(露語)