モスクワ この一昼夜に記録的大雨

29日、一日のモスクワの雨量は29ミリに達し、これまで最高だった1898年の記録を、ほぼ10ミリ以上上回った。この大雨は、南のサイクロンの活発な前線が通過した事でもたらされた。

 5月初めから、長年破られなかった降雨量の記録が更新されたのは、今回で2度目。6日には、モスクワでは17ミリの降雨量が記録されたが、1886年の16ミリを久しぶりに超えるものとなった。なおモスクワの気象観測史上、最も降雨量が多かったのは、1976年5月18日で、39,2ミリもの雨が記録された。

 モスクワの5月の平均降雨量は51ミリだが、27日と29日の合計だけで50ミリに達している。上旬も雨がちだったことから、平均を軽く突破する事は確実だろう。

 

*「ロシアの声」より転載