「必要な兵器はすべて国内で生産せよ」

プーチン大統領は、国防に必要な兵器、部品はすべてロシア国内で生産するよう訴えた。

 プーチン大統領は、国防のため軍産複合体に必要な兵器、部品は、外国に依存しないために、すべてロシア国内で生産するよう訴えた。国家の兵器発注の履行状況に関する会議の席で、プーチン大統領はこのような課題を示した。タス通信が伝えた。

 

プーチン大統領「国内産業の発展にも有益」 

 「軍産複合体で使用されているものすべて、それが必要とするものすべては、ロシア国内で生産されるようにしなければならない。これは、我々が陸海軍の装備を一新する上で、どの分野においても、外国に依存しないようにするためだ。こうした課題に向けて我々は、あらゆることをしていかねばならない」。こうプーチン大統領は述べた。

 またプーチン大統領は、このことがロシアの産業をも益するだろうと確信していると述べた。

 

タス通信の記事を参照。