スノーデン氏 ロシアでの大規模盗聴について質問

17日、プーチン大統領は「ロシアの諜報機関は、市民に対する大規模な盗聴はやっていない。そうした行為は法に反する」と述べた。

 これは「大統領との直接対話」の中で、元CIA職員スノーデン氏のビデオによる質問にプーチン大統領が答えたもの。特にスノーデン氏は、自分が米国の特務機関の極秘情報を暴露したさい国際的なスキャンダルの原因となったような大規模な情報収集方法を、ロシアの特務機関も用いているのかどうかに、大きな関心を持った。

   大統領は「米国がしたような大規模な、コントロールできないほどのスケールのものは、我々はもちろん許していない。そして決して許さないことを強く希望する。また米国のような技術的手段も、資金も我々にはない」

 

ロシアの声」より転載