欧州評議会議員会議、ロシア代表団ぬきでロシア全権の見直し審議

欧州評議会議員会議の総会ではロシア代表団を締め出して、ロシアの全権を見直す問題が話し合われている。全権見直しの理由はロシアが政治の茶番を行っているからだという。

 10日、ロシア代表団のプシュコフ団長が記者団に対し明らかにした。団長は、ロシア代表団が「こんな異端裁判」に加わらねばならない理由はないもないと主張している。

 プシュコフ代表はインターファックス通信に対し、「現在、我々はロシアが欧州評議会議員会議に残る価値があるのかどうかを検討している」と答えた。


ロシアの声」より転載